So-net無料ブログ作成

側弯症の話 5

側湾症と言っても個人差があるので、無責任なことは言えないのですが、
私の経験から、側湾症の治療はどうあるべきだと理想だろうか?
と言うのを書きたいと思います。

思春期頃に起こる突発性の側湾症の場合、何処まで側湾が進んでしまうのかかわからないので、
定期的に整形外科て診断を受けることはやむ終えないと思います。
西洋医学では、側湾の程度の軽い順から、リハビリ[→]?装具コルセット[→]?手術
と治療が進んで行くのですが、その間にこれ以上悪くならない様に予防する為の
教育的な指導がなかなかできないのが現状です。
例えば唯一自分で何とかなりそうなのはリハビリで、病院で教えて貰った体操を
家で行うのですが、毎日コツコツ体操をするなんて大人でもなかなかできません。
効果が出るほどリハビリをやり込むには、正しいやり方と根気が要ります。

私の場合も当時を振り返ってみると、リハビリの体操なんて良くなる気配が全く無かったので
ろくにしなかったし、側彎が悪くなって行っているその角度を定期的に図るだけの病院って、
子供心に「何か違うよな!」と思っていました。
もしレクサンダーテクニークみたいなものを、成長期に信用できる先生に習えていたら
どんなに良かったかなと想像します。
子供はとても身体の反応が良いので、難しいことは何も教えなくても、
ワークを受けるだけでも充分効果はあると思います。
反抗期の真っ最中に、体操やボディマッピングを習おうと前向きに考えられる人は、
たぶん一握りだと思います。ATは治療でなく教育なんですが、最初は受け身でも良いと思います。
でももしATのワークを受けて身体が軽くなれば、同時に気分も楽になり、
前向きに自分の身体のことを考えられるかもしれません。
そして自分の身体の使い方の癖に気づき、普段の生活、学校生活などがやりやすくなり、
大袈裟に聞こえるかもしれませんが、人生がもっと明るくなりそうな気がします。
側湾の人は自分を含め頑固の人が多い感じがするので、身体の力が上手く抜けると、
もっと自分自身と付き合い安くなるかもしれません。

ATを習う事で、少しでも多くの若い側湾症で悩んでいる人たちが楽になって貰えればいいな、
というのが私の願いです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0